白紙

小樽インセクト工芸社                             ホタルの飼育方法



   



羽化率 の 実験 と 結果


( 飼育における羽化率と雌雄羽化率・推移表 )




( 小樽インセクト工芸社における実験結果及び推定と考察です )




2003年度


ヘイケボタルの羽化数の推移と統計



     飼育におけるヘイケボタルの成虫羽化率及び雌雄羽化率を飼育幼虫の

     一部 355exs を使用して実験を試みその結果を記したのでご参考にて

     頂ければ幸です。




◆◆実 験 結 果◆◆




NO-1上陸装置 移設幼虫数 164exs ・ 羽化数 143exs


羽化率 87 %



NO-2上陸装置 移設幼虫数 191exs ・ 羽化数 174exs


羽化率 91 %



上陸装置移設幼虫合計数 355 exs ・ 成虫羽化合計数 317 exs


合計羽化率 89.2 %



雌成虫羽化合計数 159 ♀♀ ・ 雄成虫羽化合計数 158 ♂♂



雌羽化率 50.2 %


雄羽化率 49.8 %




羽化率の実験結果の詳細は下記推移表を参照







上陸装置への移設幼虫数の推移表


                                          2004




NO-1 上陸装置
NO-2 上陸装置


曜日
月 日

移設幼虫数
移設幼虫数

移設幼虫合計数







5月12日




5月13日

12


12
5月14日



19
5月15日



25
5月16日




5月17日




5月18日




5月19日




5月20日




5月21日

18


43
5月22日

31


77
5月23日

20


100
5月24日

30


130
5月25日

40


164
5月26日


30

194
5月27日


40

234
5月28日


20

254
5月29日


30

284
5月30日




5月31日


10

294
6月01日


15

309
6月02日




6月03日




6月04日




6月05日



311
6月06日



314
6月07日



315
6月08日


20

335
6月09日




6月10日




6月11日




6月12日




6月13日




6月14日




6月15日




6月16日


20

355
6月17日











合 計


164exs
191exs

355exs
         

( 上陸行動を起している幼虫のみ上陸装置への移設放流です )




雌雄別羽化数の推移表



2003年






164上陸幼虫
191上陸幼虫
曜日
月 日

羽化♂
羽化♀
1日の羽化計
羽化合計数

第一上陸装置
第二上陸装置










6月08日

0
1
1
1

1
0
6月09日

0
0
0
0

1
0
6月10日

0
1
1
2

1
0
6月11日

0
1
1
3

1
0
6月12日

0
0
0
3

0
0
6月13日

1
0
1
4

1
0
6月14日

0
1
1
5

1
0
6月15日

1
1
2
7

2
0
6月16日

0
1
1
8

1
0
6月17日

4
1
5
13

5
0
6月18日

1
3
4
17

4
0
6月19日

3
0
3
20

2
1
6月20日

2
5
7
27

7
0
6月21日

3
0
3
30

3
0
6月22日

1
1
2
32

2
0
6月23日

1
2
3
35

2
1
6月24日

2
1
3
38

2
1
6月25日

8
5
13
51

7
6
6月26日

1
0
1
52

0
1
6月27日

3
3
6
58

5
1
6月28日

2
1
3
61

1
2
6月29日

6
4
10
71

4
6
6月30日

5
2
7
78

5
2
7月01日

2
3
5
83

4
1
7月02日

2
1
3
86

1
2
7月03日

3
2
5
91

0
5
7月04日

6
5
11
102

2
9
7月05日

2
3
5
107

2
3
7月06日

4
2
6
113

2
4
7月07日

3
2
5
118

2
3
7月08日

3
3
6
124

2
4
7月09日

5
3
8
132

2
6
7月10日

7
6
      13      
145

7
6
7月11日

3
4
7
152

3
4
7月12日

3
2
5
157

1
4
7月13日

5
1
6
163

0
6
7月14日

4
2
6
169

4
2
7月15日

7
1
8
177

3
5
7月16日

3
4
7
184

2
5
7月17日

4
3
7
191

3
4
7月18日

2
6
8
199

1
7
7月19日

4
4
8
207

2
6
7月20日

4
1
5
212

0
5
7月21日

4
7
11
223

6
5
7月22日

1
2
3
226

1
2
7月23日

3
3
6
232

1
5
7月24日

7
0
7
239

0
7
7月25日

6
8
14
253

1
13
7月26日

4
5
9
262

3
6
7月27日

2
3
5
267

0
5
7月28日

0
2
2
269

1
1
7月29日

1
5
6
275

2
4
7月30日

1
0
1
276

1
0
7月31日

0
6
6
282

4
2
8月01日

1
1
2
284

1
1
8月02日

0
3
3
287

2
1
8月03日

1
2
3
290

1
2
8月04日

2
3
5
295

4
1
8月05日

0
2
2
297

2
0
8月06日

2
1
3
300

2
1
8月07日

0
2
2
302

2
0
8月08日

0
1
1
303

1
0
8月09日

0
2
2
305

2
0
8月10日

1
3
4
309

3
1
8月11日

1
0
1
310

0
1
8月12日

0
2
2
312

2
0
8月13日

0
1
1
313

1
0
8月14日

1
2
3
316

0
3
8月15日

0
1
1
317

0
1











合 計

158
159

317

143exs
174exs



羽化♂
羽化♀
1日の羽化計
羽化合計数

第一上陸装置
第二上陸装置





実験結果における推定と考察



飼育におけるヘイケボタルの成虫羽化率及び雌雄羽化率の実験を


行いその結果から推定と考察を試みた。



@ 幼虫上陸から羽化までの最短日数は25日間.最長は61日間で幼虫の上陸行動 

   から羽化までの日数に一定の規則性は認められなかった。


A 最短25日間で羽化していることから環境温度・湿度・日照などの外的条件(外的要

   因)によっては20日間〜25日間位での最短羽化日数と推定される。


B 雌雄別による発生時期の早遅の差は実験では認められなかった。


C 雌雄羽化性比率に極端な比率の差は認められなかった。


D 飼育における羽化成虫の雌雄の性比率は実験結果から ≒50%(1:1) と推定

   される。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



◆ ま と め ◆



  一度だけの実験結果では早論ではあるがホタルを含む昆虫の世界では(健康な個 

  体群)若干の差はあれ≒50%(1:1)の性比率での羽化が普通である。

  

  同一個体における長期累代飼育(近親交配)末期においては雌の比率が極端に多 

  くなる現象や雄の生殖不能化現象等がおこることが知られている。


  何らかの原因で絶滅等にに向かっている特殊な弱いホタルの個体群でない限り健康

  な個体群のホタルでは実験結果から≒50%(1:1)の性比率と推定される。





「ホタルの飼育方法」に記載されている文・写真・動画・図表の無断転載を禁止します。


Copyright c 2003 Sadatoshe Honma