白紙

小樽インセクト工芸社                             ホタルの飼育方法



   



F


ヘイケボタル


蛹〜羽化の記録写真




強制上陸容器( 強制土まゆ作り )を使用して行った羽化実験を記録した


当社のビデオからキャプチャーした写真集です。


画像の画質は良くありませんがご参考にして頂ければと思います。




蛹化直後の蛹


( 写真 1〜8 )



    

  蛹腹面図   図−1       蛹化直後の♀蛹の側背面   1



     

     蛹化直後の♀蛹の腹面 2    蛹化直後の♀蛹の腹面上部拡大 3



      

                 ♀蛹側面      4        ♀蛹背面    5



     

    ♀蛹背面    6          ♀蛹側面   7




◆ 雌雄の判別は蛹の時期に確認出来るようになります。


◆ 写真9の蛹は第5腹節部発光場所の確認から♀蛹と判別出来ます。


◆ 蛹化直後は腹節尾端部全体で発光を繰り返して行ってます.蛹の成長と共に発光部が移動し成虫と

   同じ第5腹節(♀)又は第5・6腹節(♂)で発光する様に成ります。




    

                    8    蛹の前胸背板が朱色に変化♀ 9




                         羽化まじかの♀蛹腹面  10




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




蛹の羽化準備


( 写真 11〜16 )



◆ 羽化まじかの蛹は体を反転させて背面を上に向け羽化姿勢になります。




     

                                 11                    12



     

                                 13                     14



     

                                  15         羽化姿勢完了  16




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



羽化の様子


( 写真 17〜27 )



◆ 初めに前胸背板中央部の蛹皮が割れだし脱皮が始まります( 写真 17〜20 )。


◆ 頭部側から腹部尾端側に向かってゆっくりと脱皮が進行していきます。


◆ 蛹の背面側に比べて腹面側には口器部・触角部・脚部など複雑な構造になっており全てが完全に

   脱皮するにはおよそ30分〜40分くらいの時間を要して羽化を完了させます( 写真 21〜25 )。


◆ 何らかの原因で脱皮中の蛹皮が身体の一部に引掛ったりしてスムーズに脱皮出来ない蛹は殆どが

   死に至ります。


◆ 上陸〜羽化期の蛹床部への衝撃は極力避けるなど細心の注意が必要です。



      

            脱皮の始まり 17           18            19             20



  

                  21                  22 



    

                23                24                 25



     

 脱皮終了直後の鞘翅は乳白色 26    土マユから羽脱直後の♀成虫 27




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



ヘイケボタルの土マユ(蛹室)




◆ 強制上陸容器内の蛹床部から成虫羽化後の土まゆ(蛹室羽脱殻)を取り出した写真です。


◆ 土まゆの基本形状は俵型であるが幼虫の大きさや蛹床部の材質・保湿量・作る場所の環境状態等に

   よっても外形の形状は若干変化します。


◆ 成虫羽化後の土まゆ(蛹室羽脱殻)は非常にもろく壊れやすいです。


◆ 写真−28の土マユからは♀の成虫が羽化しました.中央の黒い部分は羽脱孔です。

   




                         土マユの外観 ( 蛹室羽脱殻 )     28


土マユの大きさ 長さ18mm×巾12mm×高さ12mm






「ホタルの飼育方法」に記載されている文・写真・動画・図表の無断転載を禁止します。


Copyright c 2003 Sadatoshe Honma