白紙

小樽インセクト工芸社                             ホタルの飼育方法



   




ホタルの飼育 Q






◆ ホタルの飼育について特に多い問い合わせを記して見ました ◆


( 当社独自の考え方です.参考資料として一読ください。)



文中のリンク文字(赤文字)をクリックすると詳しい説明文や記録写真等の


ページへジャンプ致します. 戻るにはブラウザで戻ってください。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



◆ ◆ ◆ A 目 次 ◆ ◆ ◆




問 01 子供と一緒に飼育してみたいのですが可能でしょうか。


問 02 ホタルの餌は何を用意すればよいのですか。


問 03 卵からふ化するのは何日目頃ですか。



問 04 ふ化した幼虫はどう扱えば良いのでしょうか。


問 05 卵からふ化したばかりの幼虫にどうやって餌さを与えるのがよいのでしょうか?。


問 06 幼虫に与える餌の量が適量かどうかの判断の仕方を教えて下さい。


問 07 カワニナを砕いて肉の部分だけを与えていますが水盤内の水をいくら替えても泡立ってしまい

     上手くいきません.泡立たない良い方法はりませんか。


問 08 バクテリアの働きや管理に付いて詳しく知りたいのですが。

      

問 09 卵からふ化した幼虫は元気にカワニナを食べていたんですがふ化後10日目位からだんだん数が

     少なくなりました.いなくなった幼虫は死んだんでしょうか。


問 10 冬季間生き餌さが無くなったらどう対処したら良いでのしょうか。


問 11 ホタルの飼育で一番難しい時期はいつですか。


問 12 流水型飼育装置は1令幼虫から使用できませんか。


問 13 冬期間の飼育方法を教えて下さい。


問 14 飼育容器中に蛹化のための上陸部を作った方がよいのでしょうか。


問 15 上陸装置はどのような所に設置するのが良いのでしょうか。


問 16 上陸まじかの幼虫の見分け方を教えてください。


問 17 上陸装置に移してからどのくらいの日数で上陸するのですか教えてください。


問 18 幼虫の上陸中で気おつけることありますか。


問 19 暗くなってから上陸中の幼虫を観察したいのですが出来ますか。


問 20 ヘイケボタルの上陸なんですが中々上陸しない幼虫がそれなりにいるんですが飼育方法が

     間違っているのでしょうか.マニュアル通りに飼育しておりますが。


問 21 上陸した幼虫は何日目くらいで羽化しますか。


問 22 羽化の前兆てあるんですか?.羽化して土繭から出て来るまで判らないのでしょうか?.

     もし羽化の前兆があるなら教えてください。


問 23 雌ボタルと雄ボタルの見分け方と見分ける方法を教えて下さい。


問 24 雄ボタルの方が雌ボタルより早く羽化するのですか?。


問 25 雄ボタルの方が雌ボタルより多く羽化すると教えてもらいましたが本当はどうなんでしょうか?。


問 26 羽化したホタルをどう扱えば良いのですか。


問 27 羽化してから何日目位で交尾するのですか。


問 28 親ボタルに産卵させたいのですが簡単な方法はありませんか。


問 29 スポンジに産み付けられたホタルの卵をスポンジごと水に漬けエアレーション無しで孵化させる

     ことは可能なのですか?。


問 30 親ボタルの寿命は10日間位ですか。


問 31 蛹床部へ上陸した幼虫はどの位の確立で親蛍(成虫)に成るのですか判る範囲内で結構です

     教えて下さい。


問 32 ホタルの幼虫飼育に使用する道具類(機材)等で特に注意する事は有りませんか。


問 33 飼育容器内のゴミや幼虫を扱うピペット(スポイト)はどのような種類のものを用意すれば良いので

     しょうか。


問 34 ピペットはどの様に加工したら良いのでしょうか又何本位用意したらよいのでしょうか教えて下さい


問 35 幼虫の強制上陸方法とはどんな事をするのですか?教えてくだい。


問 36 ホタルの成虫や幼虫の体の作りや♂♀(おす・めす)の見分け方など教えて下さい。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



問 37 ゲンジボタルの♀を採集し産卵させようとしましたが産卵しませんでした「採卵方法」が間違って

     いるのでしょうか.♀もすぐ死んでしまいました。


問 38 ゲンジボタルの♀を採集し「採卵方法」を参考にして産卵させましたが卵を少々生んで♀ボタルは

     すべて死んでしまいました産んだ卵は何時までたってもふ化しません「採卵方法」が間違 って

     いるのでしょうか。




◆◆◆◆◆◆◆◆   「 迷犬ポチ 」 が皆様からの質問にお応えいたしました   ◆◆◆◆◆◆◆





◆ ◆ ◆ 「問い」 「応え」 ◆ ◆ ◆




問 01 子供と一緒に飼育してみたいのですが可能でしょうか。

   

応え マニュアル通りに飼育していただければ.女性や子供でも十分可能です。


    初めてのホタル飼育であればゲンジボタルよりヘイケボタルの方が飼育し易いと思います。



問 02 ホタルの餌は何を用意すればよいのですか。


応え カワニナ・モノアラガイ・サカマキガイ・タニシ類・インドヒラマキ等淡水性マキガイであれば十分使用

    可能です。


    上記を冷凍した餌さは若令時(1令〜3令)は使用しない方がよいと思います。


    当社の全ステージ冷凍餌さ使用による実験結果では.幼虫の歩留りが極端に悪くなる結果が出て

    います.又生き餌さを与えた幼虫群との成長速度の比較では.多数の幼虫に極端な成長の遅れが

    見られました。



問 03 卵からふ化するのは何日目頃ですか。


応え 卵の置かれている環境によって異なりますが.20〜28日間位でふ化します(ヘイケ)。


ふ化 の 動画を見る



問 04 ふ化した幼虫はどう扱えば良いのでしょうか。


応え ふ化した幼虫は容器内を歩き廻りますのでピペットで吸い取って水盤飼育装置に移して

    飼育して下さい。



問 05 卵からふ化したばかりの幼虫にどうやって餌さを与えるのがよいのでしょうか?。


応え 飼育幼虫数にもよりますが.親貝から生まれたばかりの稚貝を与え続けることは一苦労です.

    飼育ではカワニナ(親貝)を砕いて肉の部分だけを与える方法が一番よいと思います。



問 06 幼虫に与える餌の量が適量かどうかの判断の仕方を教えて下さい。   


応え 給餌後半日から1日経ってから水盤内の幼虫を観察して下さい。


    多くの幼虫が水盤内を動き廻っているようであれば給餌量不足す。


    特に明るい日中に水盤内を動き廻る幼虫が多数見られるときは給餌量は殆ど足りてない状態です。

    

    詳細は水盤飼育方法を参考にして下さい。



問 07 カワニナを砕いて肉の部分だけを与えていますが水盤内の水をいくら替えても泡立ってしまい

    上手くいきません.泡立たない良い方法はありませんか。


応え 水の替えすぎが原因です。


    水盤飼育装置内の水を替えすぎると水中のバクテリアの発生が上手く行かなくなり何時までも

    泡立ってしまいます。


    飼育に適した水とは水中に含まれる溶存酸素の量が多い事と飼育容器内でバクテリアが上手く

    発生している事が条件になります。


    水中に含まれる溶存酸素はエアーレーションによって補うことが出来ますがバクテリアは自然に

    発生増殖(3日〜4日間位)するのを待つより方法がありません。


    バクテリアの発生増とともに泡立ちはだんだんと無くなります。

   

    ★ 急いでバクテリアの繁殖を促したい場合は市販のバクテリア沈殿物除去剤を適量入れて下さい。

       

       入れ過ぎないように注意して下さい。


透き通った見た目に綺麗な水が幼虫飼育に適した

水ではない事をよく理解して下さい。




問 08 バクテリアの働きや管理に付いて詳しく知りたいのですが。

     

応え バクテリアの働きや管理方法などの詳細は水盤飼育方法を参考にして下さい。



問 09 卵からふ化した幼虫は元気にカワニナを食べていたんですがふ化後10日目位からだんだん数が

     少なくなりました.いなくなった幼虫は死んだんでしょうか。


応え 休眠脱皮時期になると今まで見えていた幼虫は殆ど見えなくなってしまいますが水盤飼育容器の

    四隅にいれた石のしたなどに隠れております.あせらずに10日〜2週間くらいじっと脱皮した

    幼虫が出てくるのを待ってください。


    くれぐれも心配して石をはぐったり動かしたりしないようにして下い。



問 10 冬季間生き餌さが無くなったらどう対処したら良いでのしょうか。


応え 飼育者誰もが一番苦労しているのが冬場の生き餌さの確保です.一番簡単な方法はスーパーなどで

    手に入る真シジミ生貝を砕いて与えるのが良いと思います。


    カワニナなど入手しやすい時期に多めに採集しプラ容器などで冷凍保存しておくのも良い方法と

    思います。



問 11 ホタルの飼育で一番難しい時期はいつですか。


応え 若令期(1令〜2令期)の45日間目くらいまでの水盤飼育期が難しいと思います。


    飼育に慣れてくるとふ化幼虫数の8割前後の歩留りを確保出来ます.初めての飼育では5〜6割の

    歩留りを確保できれば初期の飼育目的は達成していると思います。


    3令以後の流水装置での飼育では終令まで死ぬ幼虫は余りおりません。



問 12 流水型飼育装置は1令幼虫から使用できませんか。


応え 出来ないと思ってください.1令〜2令幼虫までは水盤飼育がベストです。


    1令〜2令幼虫は考えられないような狭い隙間から出てしまいます.3令(ふ化後40〜45日間後)

     位から流水型飼育装置に移すのがベストです。



問 13 冬期間の飼育方法を教えて下さい。


応え ホタルに限らず地球上の生物は総て体内時計と言われる感覚機能を備え持っております。


    ホタルの幼虫も四季感覚(春夏秋冬)及び1日24時間の温度・湿度・日照時間等すべてを幼虫

    自身の体に感じながら過しております。


    飼育中のホタルの幼虫にも冬場の低水温期(8℃以下)や短日照期等の体験を十分積まさせる

    ことが冬期間の飼育で最も重要に成ります。


    幼虫は冬期の低水温期になると動作が不活発になり餌さもあまり食べません.1〜2週間位餌を

    与えなくてもホタルの幼虫は死ぬことは有りません.あまり過保護な飼育はしない方が幼虫には

    良いす。


    幼虫に冬場の体験を十分積させる事が後々のスムーズな上陸行動に繋がります。



問 14 飼育容器中に蛹化のための上陸部を作った方がよいのでしょうか。


応え 飼育容器とは別に専用の上陸装置を用意することをお薦め致しす。


    幼虫数によって必用とする蛹床面積も異なってきます又幼虫数に見合う上陸装置を一台用意する

    よりは少し小さめの上陸装置を複数用意する事をおすすめます。



問 15 上陸装置はどのような所に設置するのが良いのでしょうか。


応え 直射日光の当る場所は避けて出来るだけ涼しい風通しの良い場所に設置する事が望ましいです。



問 16 上陸まじかの幼虫の見分け方を教えてください。


応え 上陸まじかの幼虫は尾端部の発光器官が頻繁に光り出します.同時に飼育容器内をせわしく動き

    回りますので一見して直ぐに判ります.上陸装置に移すのは上記の上陸行動が始まってから

    1週間後ぐらいで良いと思います.


( 幼虫の発光確認はPM8:00 〜 PM10:00の間に行う事 )


発光の鈍い幼虫は無理して上陸装置に移さないことが大事です。



( 上陸行動時の幼虫発光の動画を見る



問 17 上陸装置に移してからどのくらいの日数で上陸するのですか教えて

     ください。


応え 尾端部の発光器官が頻繁に光り出してから1週間後ぐらい経ってから移した幼虫であれば

    上陸装置に移すと直ぐに蛹床部に上陸します.蛹床部上でも尾端部が発光しているので確認

    することが出来ます。


    幼虫の中には上陸装置の準備水槽部と蛹床部を行ったり来たりし中々上陸しようとしない幼虫も

    おります。



問 18 幼虫の上陸中で気おつけることありますか。


応え 上陸装置全体でなく蛹床部分のみダンボールなどで簡単に覆って日中でも薄暗くしてやってください。


    上陸装置に強い衝撃を与えない事.蛹床砂材をあまりいじらない事.上陸装置の準備水槽部の

    規定水量の確認と確保。蛹床砂材にあまり霧吹きをかけない事等です。



問 19 暗くなってから上陸中の幼虫を観察したいのですが出来ますか。


応え 常に観察を心掛ける事は大切な事だと思います.幾つかのルールを守ってしっかりと観察して下さい。

      

    @ 観察時間帯はPM8:00〜PM10:00頃が最適と思います。

    A 出来るだけ暗闇の中で観察する事。

    B やも得ず灯りをつける場合は赤色灯にすること。

    C 上陸中や土繭作り中の幼虫には絶対触らない事。 


    上記のことを守って納得するまで観察して下さい.発光しながら上陸している幼虫は親ボタルの

     発光とはまた異なった幻想的な美しい光景を観る事が出来ます。



問 20 ヘイケボタルの上陸なんですが中々上陸しない幼虫がそれなりにいるんですが飼育方法が

     間違っているのでしょうか.マニュアル通りに飼育しておりますが。


応え 問題はないと思います。いっせいに上陸しないのはヘイケボタの通常の上陸行動パターンです。


    上陸について詳しく説明すると長くなりますので簡単に説明を致します。


    ゲンジボタルと比較するとヘイケボタルは幼虫個々の感受性の違いがより大きい昆虫と思われます。  

    ヘイケボタルは抱卵数を少なくすることによって.より丈夫な幼虫を得る事に成功したと思います.

    同時に半止水域での生息場所の獲得・耐寒性の獲得・感受性の違いが大きいことから上陸行動の

    バラツキなどを二次的に獲得してきたと思われます。


    いずれも種の絶滅を免れる為の戦略です。


    少し難しくなりましたが「だらだら上陸」もヘイケボタの種を絶やさないで将来にわたって生き延びる

    ための最大の特徴の一つと思って下さい。


    「だらだら上陸」を解消する為にわ上陸装置を複数用意する方法しかありません。



問 21 上陸した幼虫は何日目くらいで羽化しますか。


応え 基本的には20日〜25日間位で羽化しますがヘイケボタルの場合は一様ではありません.

    上陸行動後60日後の羽化の記録もあります.上陸装置に移した総幼虫数を把握することが

    非常に大事になってきます。


    日頃から観察記録を付ける習慣を身に付ける事が大事だと思いす。


    羽化日数等の実験の詳細は 上陸と羽化率・雌雄性比率実験 に結果をUPしましたので参考に

     して下さい。



問 22 羽化の前兆てあるんですか?.羽化して土繭から出て来るまで判らないのでしょうか?.

     もし羽化の前兆があるなら教えてください。


応え 上陸装置の蛹床部内で有ればヘイケボタルですが羽化の前兆を簡単に確認出来ます。


    羽化の2日〜3日前から土繭が光りだします.親ボタルがいないのに蛹床部のあちらこちらで光り

    出します.羽化まじかの蛹や羽化したばかりの蛍は土繭の中で頻繁に光りを発します.その光りは

    土繭を通して外に漏れてきますので土繭が光り出したら待望の羽化はもう目の前です。



問 23 雌ボタルと雄ボタルの見分け方と見分ける方法を教えて下さい。


応え 雌ボタルは発光場所が第5腹節だけで雄ボタルは第5腹節と第6腹節の2つの腹節で発光します。


    雌雄を簡単に見分ける方法は採集したり羽化した親ボタルを透明なプラ容器に入れ底面から覗くと

    簡単に雌雄の確認が出来ます。


(成虫発光写真参照) (形態図参照



問 24 雄ボタルの方が雌ボタルより早く羽化するのですか?。


応え 羽化実験では早遅の差はありませんでした.結果の詳細は「 ホタルの飼育方法 E 」の

    羽化率・雌雄性比率実験を参考にして下さい。



問 25 雄ボタルの方が雌ボタルより多く羽化すると教えてもらいましたが本当はどうなんでしょうか?。


応え 当社の飼育における羽化の実験結果では雌雄性比率は≒1:1の結果に成りました。


    野外調査では100%のホタルを把握し調査する事は不可能と思います.目で確認出来る範囲内の

    調査結果に必然的に成ってしまいます.雄ボタルの方が活発に飛翔活動をする為雌ボタルよりも

    目に付きやすく雄ボタルの方が多い印象や調査結果に成るのだと思います。


    結果の詳細は羽化率・雌雄性比率実験を参考にして下さい。



問 26 羽化したホタルをどう扱えば良いのですか。


応え 土繭から出て来たばかりのホタルは体や鞘翅が柔らかいので小筆などで扱ってください.出来る

    だけ羽化後1日たってから採り入れすることをお薦め致します。



問 27 羽化してから何日目位で交尾するのですか。


応え 羽化後土繭から出て来た親ボタルは雌雄とも即に交尾可能な状態です羽化後すぐ蛹床上で

    交尾している個体も多く見ることが出来ます。



問 28 親ボタルに産卵させたいのですが簡単な方法はありませんか。


応え ホタルの採卵は難しくありません.親ボタルの数が多い場合は簡易産卵装置で簡単に

    誰もが産卵させることが出来ます。



問 29 スポンジに産み付けられたホタルの卵をスポンジごと水に漬けエアレーション無しで孵化させる

     ことは本当に可能なのですか?。



応え スポンジに産み付けられたホタルの卵に下から(孵化幼虫受け水盤から)エアレーションで加湿する

    のは時として逆効果になることもあります。


    加湿によってスポンジを載せている受網の目やスポンジ個々の気泡の表面に表面張力による水の

    幕を張ってしまいます.孵化したばかりの幼虫は表面張力のおきている水の幕を破って脱出する

    事は時として幼虫にとっては重労働になリます.表面張力の水の幕のない脱出場所を求めて

    スポンジの奥深くに入り込んでしまい脱出する事が出来なくなる事もあります。


    スポンジごと水に漬けておく事で表面張力の水の幕のないスポンジの表面状態にしています

     (写真参照)。


    スポンジを1〜2cm角のチップにする理由は当社の実験から6面全てから孵化したばかりの幼虫が

    楽に脱出できる大きさです。



孵化のためのエアレーションは必要ありません。



    当社は100%この方法で孵化させており.大げさな装置も必要無く管理や観察も楽に行えます。


    興味のある方は一度試して見てください孵化幼虫の取りあげがいかに簡単で楽かお分かり頂ける

    と思います。



問 30 親ボタルの寿命は10日間位ですか。


応え 一般的には10日間前後と言われておりますが.現在までの当社の実験では平均して18日間

    (室内)位まで生かしておくことが出来ようになりました。


    発光も17日目位までは元気に光を放っております.その後急に光方が弱くなりやがて死にいたり

    ます。(飼育羽化個体での実験です)



問 31 蛹床部へ上陸した幼虫はどの位の確立で親蛍(成虫)に成るのですか判る範囲内で結構です

     教えて下さい。


応え 幼虫時期の飼育の状態や飼育環境・上陸装置の蛹床材の状態によって成虫に成る確率は様々に

    変わってきますので一概に質問に答えることは出来ませんが「ホタルの飼育方法」に実験結果を

    Upしましたので参考にして下さい。



問 32 ホタルの幼虫飼育に使用する道具類(機材)等で特に注意する事は有りませんか。


応え ごく一般的なことですが.幼虫飼育に使用する外掛けフィルターやエアーポンプ・エアーストーン・

    飼育容器排水口のストレーナーなどは日頃からメンテナンスを怠らないように心掛けて下さい.

    故障や不良と思われる時は速やかに部品等を交換をして下さい。



問 33 飼育容器内のゴミや幼虫を扱うピペット(スポイト)はどのような種類のものを用意すれば良いので

     しょうか。


応え ピペットには化学薬品や生化学研究等に良く使われているガラス材の高価なもの.熱帯魚用や

    植物用のプラスチック質の物など様々な種類や材質の物が有りますが幼虫飼育には吸い込み口の

    加工し易い熱帯魚用や植物用として売られているプラスチック材の安価なスポイトで十分利用でき

    ます。



問 34 ピペットはどの様に加工したら良いのでしょうか又何本位用意したらよいのでしょうか.教えて

     下さい。


応え ピペットは飼育幼虫の大きさ(成長状態)で使い分けます.1〜2令幼虫には入手(購入)したままの

    吸込み口の状態で使用します.別途3〜4令幼虫用1本と終令幼虫用1本の最低3本は用意する

    必要があります。


    あくまでもピペットに吸込んだ幼虫の体に傷を付けない事が主目的です.飼育幼虫の大きさに合わ

    して吸込み口をカッターナイフなどで切り落として使用して下さい.



問 35  削除いたしました


応え   削除いたしました



問 36 ホタルの成虫や幼虫の体の作りや♂♀(おす・めす)の見分け方など教えて下さい。


応え 「ホタルの飼育方法 H」の「 ホタルの成虫形態図と幼虫形態図 」を参考にして下さい。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



ゲンジボタルの「採卵方法」に付いて複数の方から同様の質問が

ありましたのでお応えいたします。




問 37 ゲンジボタルの♀を採集し産卵させようとしましたが産卵しませんでした「採卵方法」が間違って

     いるのでしょうか.♀もすぐ死んでしまいました。


応え 採集した♀ボタルは即に産卵済みで体内に卵が残っていない♀ボタルと思います.ゲンジボタルの

    ♀は交尾後2日間から長くても4日間くらいで体内の卵をすべて産卵してしまいます。

    

    産卵済みの♀ボタルをいくら採集しても産卵しません.体内に卵が残っていればかならず産卵します。


    体内に卵が多数残っている交尾後まもない♀ボタルは採集後自宅に持ち帰るまでの1〜2時間

     くらいの間にでも♀ボタルを入れている容器内で産卵しつづけます。 

    


問 38 ゲンジボタルの♀を採集し「採卵方法」を参考にして産卵させましたが卵を少々生んで♀ボタルは

     すべて死んでしまいました産んだ卵は何時までたってもふ化しません「採卵方法」が間違 って

     いるので しょうか。( 2005.06.13. UP )


応え 採集した♀ボタルは即に産卵済みで体内に残っている卵がわずかな♀ボタルだったと思います。


    ゲンジボタルは産卵初期の卵が健康な受精卵であっても産卵末期になるにしたがって未受精卵が

    非常に多くなります.この現象はゲンジボタルの特徴の一つです。


    ゲンジボタルが産んだ卵は産卵末期の未受精卵と思います。

    野外で採集する産卵用の♀ボタルは出来るだけホタルの発生初期に産卵中の♀ボタルを見つけて

    採集することが大事です。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



   ◆ゲンジボタルの産卵〜ふ化の記録写真 46カット UP 致しました。



   ◆ゲンジボタルの飼育記録写真 UP 致しました。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



ホタルの飼育の件で疑問・質問の有る方は


ホタルの事なら何でも 「質問箱」 に書いて送って下さい。



メールBOXが使えない状態です

下記メールアドレスをコピペして連絡してください。


e-mail  otaruinsect@yahoo.co.jp








ファックス ・ 電話 でも可能ですがメールをいただいたほうが方が

連絡がスムーズで間違いなく行えます。


F A X 0134(33)1227 ・ T E L 0134(25)6184


尚.質問者の居住都道府県名は必ず明記してください.


居住都道府県名明記のない質問には返信しかねます




  ← ページの先頭に戻ります

   




本サイトに記載されている文・写真・動画・図表などの無断転載を禁止します。


Copyright c 2003 Sadatoshe Honma