白紙

小樽インセクト工芸社                             ホタルの飼育方法



   



C



上陸装置(蛹床)の作り方




C ー 1


上陸装置の基本的な考え方






上 陸 装 置 基 本 図





上陸装置の基本図をもとに作成した上陸装置




上陸装置とは


★ 水槽部は上陸行動までの一時的な生息場所と蛹床砂材えの水分の補給を行っております.

   装置内に占める面積はわずかですが大変重要な部分です。


★ 上陸補助部は蛹床砂材が水槽部に流れ込まないいようにするための仕切り材です。


★ 上陸部(蛹床部)は上陸した終令幼虫が蛹室(土繭)を作る最も重要な.かつデリケートさが要求

    される部分です。




★ 蛹床砂の材質には次のような性質が求められます。



   @ 水はけ・保水性及び吸水性が良い事。


   A 土中に適度な空気層をもっている事。


   B 長期間使用してもカビや草が生えたりしない事(土壌殺菌性がある事)。


   C 虫なども発生しない事。


   D 水槽部の水に悪影響を与えない事。



★ 羽化率の良し悪しは終令幼虫の成長度(飼育状態)と蛹床砂材によって左右されていると言っても

   過言でないと思います。


★ 上記の通り上陸装置に求められる条件は非常に大きいと思われます。




◆ 上陸装置構成部材内容 ◆



  @ 上陸用ケース×1個  A 蛹床砂材  B 外掛け式フィルター×1台  C エアーポンプ×1台 


  D エアーストン×1個  E キスゴム×1個  F エアーホース×1m   G スタイロホームチップ


  H 羽化ネット   I 羽化ネット固定用クリップ   J スポンジバー(チップ作り用)



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



C - 2


上陸装置(蛹床)の作り方


( 羽化兼用装置 )




基本的なホタル上陸&羽化兼用装置図


     

         上陸&羽化兼用装置全体図 (図 1)   上陸補助の仕切り部 と 外部機器 (図 2)


( 上陸補助の仕切り部が見易いよう蛹床砂材は取り除いてます )





上陸&羽化兼用装置完成図 (図 3)




上陸補助用の仕切り部 と 外部機器の拡大図 (図 4)




「 蛹床砂材 」セットマニュアル



@ 当社蛹床砂材は水槽部と蛹床砂材の間に仕切り材(上陸補助部 図 2)を必ず使用してお使い下さい。


A 仕切り材はスタイロホーム(建築用保温材)25mmか50mmの板厚のものを必要高さ分両面テープ

   などで重ね合わせて作り上陸装置底面にしっかりと接着固定(両面テープ)して下さい。


B 仕切り材の高さはヘイケボタルで8cm位(±2cm)ゲンジボタルで10cm位(±2cm)の高さが

   最良と思います。


C 上陸装置(容器)側面壁と仕切り材との隙間はガーゼなどをしっかりと詰め込んで蛹床砂材が

   水槽部に入り込まないようにして下さい。


D  @ 〜 C の準備が出来たら蛹床砂材を入れて下さい。


   ★ へイケボタルは蛹床の高さ(厚さ)が8cm位(±2cm)から徐々に高くなる様に蛹床砂材を

      セットして下さい。


   ★ ゲンジボタルは蛹床の高さ(厚さ)が10cm位(±2cm)から徐々に高くなる様に蛹床砂材を

      セットして下さい。


ご注意  使用する上陸装置の蛹床面積が大きくなりすぎ必要蛹床高さ( ヘイケボタル8cm以上 ・

       ゲンジボタル10cm以上 )が取れない場合は蛹床砂材をセットする前にスタイロホームで

       2p角型位のチップを作り蛹床部の底に敷入れて蛹床砂材をかさ上げし必要蛹床高を確保

       して下さい。    


   ★ 蛹床砂材をセットする前に必要蛹床高さが取れるかどうか蛹床面積及び体積計算を必ず

      行なって下さい。


E 蛹床砂材を入れたら手の平等でまんべんなく軽く押し固めて下さい。


F 押し固めたらピンセットや割り箸などの舳先を用いて押し固めた蛹床砂材の表面部分だけを

    (15mm位の深さで)荒立たせてください。




以上で蛹床砂材のセットは終わりです。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



注水時の注意点



G 上陸装置えの給水は準備水槽部側から入れて下さい。


H 蛹床砂材側からは絶対に入れないで下さい。


I 蛹床砂材は吸水性が良いので水槽部に入れた水を直ぐに吸い上げます.水槽部の水深が4p位に

   成る様に水の注水量を加減しながら少しずつ注水して下さい。


J 注水終了後蛹床砂材の表面迄適度な湿り具合に成る様に水位を増減して調整して下さい。


K その他必要 外部機器類 をセットして上陸装置の出来上がりです。


L 上陸行動 を起している幼虫から準備水槽部に放して下さい。


M 上陸装置に使用する容器の高さ(深さ)は20cm位の高さのある容器を使用して下さい.あまり低す

   ぎると上陸した幼虫が容器壁を這い登り脱出する恐れがあります。


N ホタルの飼育に関することは Q&A か 飼育方法 を参考にして下さい。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



成虫羽化期 の 注意点



     


ホタル羽化期の上陸装置全体のネット掛け図 (図 5)




幼虫上陸後25日間前後で羽化が始まりますが羽化した親蛍に準備水槽部の水をそのままにして置くと

 簡単に溺れる親蛍が多数出て来ます。


親蛍が水に溺れないような工夫が上陸装置の水槽部分に必要に成ります.又羽化した蛍が逃げないよう

 ネット掛けも必要に成ります.以下にその方法を簡単に記します。




@ 準備水槽部に移して2週間位しても上陸しない幼虫は準備水槽部からいったん取り上げ幼虫飼育

   容器に回収して下さい。


A 回収した@幼虫は特殊な容器と方法で強制上陸(強制土繭作り)をさせます。  

  


B 幼虫の居なくなった水槽部に1p〜2pの角型に切ったスポンジチップを敷詰めて親蛍が溺れるのを

   防ぎます.水位はあくまでも規定水位を保守してください。


C 羽化した蛍が逃げなよう上陸装置上面の開放部にネット(図 3)を掛けて下さい。

    ( 園芸用品等の1mm〜2mm目位の風通しの良い材質のネット )


D 羽化した親蛍は水を飲むためと交尾済みの♀蛍は産卵する為に水槽部の濡れたスポンジチップに

   集まります.親蛍を回収するにはこの時親蛍が止まっているスポンジチップごとピンセット等でつまん

   で小筆などでホタルのみ透明プラ容器に一時回収して下さい。


E 雌雄の確認は透明プラ容器底面から覗くと簡単に雌雄の確認が出来ます。


   雌雄確認後必要に応じて 産卵装置 等に移してください。


   親蛍に触れる事無く簡単に回収する事が出来ます。



 注 意


★ 羽化装置として使用の時は外掛けフィルターは取り外すこと。


★ エアーの補給はスポンジチップの敷詰め後も羽化終了迄行って下さい。


★ 日中は蛹床部のみダンボールなどを掛けて薄暗くしてあげて下さい。




◆ 疑問点は 質問箱 から連絡下さい ◆






◆ ご質問者の住んでいる都道府県名は必ず記して下さい ◆


都道府県名明記のない質問には返信しかねます。




 幼虫上陸装置販売 



 幼虫上陸装置交換用蛹床ブレンド材販売 






「ホタルの飼育方法」に記載されている文・写真・動画・図表の無断転載を禁止します。


Copyright c 2003 Sadatoshe Honma